ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.08.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.09.24 Monday

『アートマルシェ2012』

 






こちらの方での告知、遅れてしまい申し訳ありません。

今回、2回目の作品販売となります。

新作約10点、初のお披露目とともに初の販売となります。

サコダアートギャラリー(部屋番号1207)にて潤inoue.の展示となります。

どうかどうかお待ちしております。



http://www.art-marche.jp/



 

名称神戸アートマルシェ2012
開催日時
2012年9月28日[金]・29日[土]・30日[日] 11:00~19:00
会場
神戸メリケンパークオリエンタルホテル 12階
入場料
1,000円(3日間通し券)
※デポジットとして会場内で作品を購入された場合、その購入代金から1,000円を差し引きます。 適用されるお買い物額は5,000円から
レセプション
2012年9月28日[金] 20:00~22:00 参加費 | 10,00円
会場|神戸メリケンパークオリエンタルホテル 14階 スカイラウンジ 港'S
主催
神戸アートマルシェ実行委員会 
実行委員長 川田泰(川田画廊)
実行委員 眞弓和也 (サコダアートオークション/サコダアートギャラリー/日興堂), 石橋圭吾(neutron)
お問い合わせ先 眞弓和也 (サコダアートギャラリー)
〒663-8201 兵庫県西宮市田代町19-12 Beehive西宮 サコダアートギャラリー内
Tel. 0798-66-0667 Fax. 0798-66-0722
E-mail. kam@art-marche.jp URL. http://www.art-marche.jp 

2012.01.28 Saturday

『アートコレクター2月号掲載』

アートコレクター2月号にインタビューの方、掲載していただきました。 

潤inoue.の今後の活動、

新作「ベクトル」などについても書いていただいてます。 


本屋さんにお発ちよりの際には是非、手にとってみてください!



2011.12.16 Friday

『伝書鳩フォーラムvol2』(トーク出演)








作品展示ではなく、トークの出演で呼んでいただきました。 

今回も潤inoue.のできるかぎりの知識を話させていただきます! 


たくさんの起業さんなどのお話も聞けると思いますので是非是非おすすめです! 


潤inoue.は『伝書鳩トーク』で22日に出演いたします。 

よろしくお願いします! 


http://www.homingpigeon.jp/index.html 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 







■企画名 
『伝書鳩フォーラムvol2〜未来を考える〜』 

■日時 
2012年1月21日、22日10:00〜18:00 

■内容 
1、『クロストーク」10:00〜12:10 
基調講演ゲストによる活動紹介、フリー対談を行います。 
2、『伝書鳩トーク』13:00〜16:10 
若手表現者34組の活動発表を分散会的に3ヶ所で開催します。 
3、『フォーラム』16:30〜18:00 
来場者参加による公開フォーラムプログラムを行います。 

■会場 
大阪市役所玄関ロビー(大阪市北区中之島1ー3ー20) 

■参加費/参加定員(1日) 
500円/100名 

■お問合わせ/お申し込み 
氏名と連絡先をメール、公式WEBサイトの申し込みフォーム 
http://www.homingpigeon.jp/ 
または、電話もしくはファックスで下記中之島4117までお申し込みください 
※各回先着順、定員になり次第締め切ります。 
※予約者優先。予約のない場合、入場できないことがあります。 
MAIL:info@4117.jp/ 
TEL&FAX:06-6445-8577 

■『クロストーク』ゲスト(敬称略)★詳細はチラシ及びWEB参照の事 
21日:新聞女(現代美術家)/三村康仁(アートプロデューサー) 
/樋口ヒロユキ(美術評論家) 
22日:小山田徹(美術家)/山出淳也(NPO法人BEPPU PROJECT代表) 
/ハナムラチカヒロ(ランドスケープアーティスト他) 

■『伝書鳩トーク』ゲスト(敬称略)★詳細はチラシ及びWEB参照の事 
21日 
服部浩之(青森公立大学 国際芸術センター青森学芸員) 
鳥林峰子/酒井直美(HOSTEL 64 OSAKA) 
北村美沙子(株式会社188グラフィックデザイナー) 
辺口芳典/溝辺直人(黒目画廊) 
歌垣(ミュージシャン&音楽プロデューサー) 
甲斐俊也(有限会社二バイト所属) 
都甲ユウタ(笑顔写真進行中) 
伊藤哲史(城下町再発見プロジェクト代表) 
プータナランド(アートユニット) 
月世界旅行社(映画製作上映団体) 
勝俣ゆき子(ギャラリー園、ギャラリー和倶楽オーナー) 
株式会社めい(シェアハウス『めいちゃんち』運営) 
訪問美容セラピー K SWEET LABORATORY(福祉施設でネイルセラピー活動) 
新田理恵(管理栄養士&フォトグラファー) 
山中陽太(ものづくりCrossroad実行委員会代表) 
Gallery Ort Project(大学生・社会人によるギャラリー運営) 

22日 
中村祐一(衣装デザイン他) 
さかいひろこworks(落語会プロデュースユニット) 
安川雄基(アトリエカフェ) 
simple wood product(デザイン&製作) 
杉原尚樹/米子匡司(SHC) 
重本晋平(『まちくさ』主宰) 
高須健一(ART SPACE ZERO-ONE運営) 
タンサンファブリーク(アナログゲーム開発他) 
飯田あや(ダンスを創る人) 
武知剛/川畑知子(當麻の里あーとの時間実行委員会) 
島津聖(ダンボールBOXメーカー矢野紙器所属) 
ヒミツ大学(オルタナティブ大学プロジェクト) 
山村龍和(書家) 
よしむらみか(プロミス心斎橋お客様サービスプラザ所属) 
岡本純一(淡路島美術大学) 
潤inoue.(サコダアートギャラリー所属) 
アストロ温泉(アーティスト) 

■主催 
芸術創造活動支援実行委員会 
(アートインフォメーション&サポートセンター中之島4117) 

■担当企画委員 
『輪音プロジェクト+@』 
田中冬一郎、田面遙華(輪音プロジェクト) 
やまもとあつし(藝育カフェSankaku) 
中元奈央(Conceptual T-shirts Shop代表) 
いまだゆうた(NPO法人淡路島アートセンター) 
丸岡未和(大阪芸術大学4回生) 
猪俣春香(AIR大阪/ART COMPLEX) 

■音響/DJ/会場デザイン 
E-SOUND/BARBARA&TECH-ME(fromバー薔薇)/ドッドアーキテクツ 

■協力 
SKKY Inc./AIR大阪/合同会社さんかく/WORKING CLASS HERO 
/ゆるエッジLLCソーシャルネットワーク大阪実行委員会 

■後援 
アートマネジメント学会関西部会/NPO法人アートNPOリンク
2011.11.24 Thursday

『月刊美術12月号』掲載。








『月刊美術12月号』の完売作家2011下半期に載せていただきました!

なぜか、柿を食べてる写真です、、笑

でもなぜか、唐揚げを食べてるように見えます、、笑




自分自身、この初の作品販売がプロへのデビュー第一歩目となると同時に

この世界の楽しさや、険しさ。

次に描ける喜び、旅立っていった作品たちへの気持ち。

いろんな想いで胸がいっぱいです。


余韻にひたることなく、この流れにさらに加速をつけ ツキ進んで行きたいと思っています。



初めての作品販売となった『KAM2011』
僕は、使命感と挑戦 という気持ちで望みました。


5年間、絵を描いてきて 

支えてくれる方々 応援してくれる方々、僕に影響を受けてついてきてくれる若い作家さんたち。

たくさんの人たちへの気持ちでした。


誰一人、裏切れない。
ここで成功しないと後世にも夢を与えられない、、。


本当に真剣に思っていました。。

その反面、

こんな自分の絵が売れるんだろうか、、
誰がお金をだしてくれるというのか、、。

アート界にも染まれず、無知で技術もままならないこんな自分の作品を 
誰かが買ってくれるなんて思えない、、。


そんな気持ちとずっと いっぱいいっぱいで戦っていました。。


だから、最初に売約の電話が入ったと聞いた時には 泣きました。


意味のわからない涙が帰り道にポロポロ落ちてきました、、。

 
KAMの開催中もお客さんの前で泣きました。


人生で初めてのうれし涙でした。



認めてもらえたというこの強さと 旅立って行った作品たちは

僕に新しい自信と、純粋に「描きたい」という 
今までになかった気持ちを持ってきてくれました。

描く、という理由が他の作家さんたちとは少し違う僕がこんな気持ちになれたのも
人生で初めてのことでした。


人の為に描くというのが自分が生まれてきた理由だろうから

今まで通り、人生をかけてやっていきたいと思います。



さらにいいモノを生み出せる作家になれるよう頑張りますので
どうかこれからもよろしくお願いいたします。



潤inoue.

2011.10.30 Sunday

『 f d 』(フリーペーパー) 掲載情報

神戸のフリーマガジン『fd』にインタビュー掲載していただきました! 

アートマルシェ終わりで顔写真がちょっと疲れております。。。 



新しい潤inoue.の内容など、すばらしい記事にしていただいておりますので 

神戸の方は見てけていただけたらと思います! 



よろしくお願いします! 




http://zgt.jp/fd/index.html?p=4
  (携帯サイト発見)






Powered by
30days Album
PR